♪ sotto voce ♪

sottovoce2.exblog.jp
ブログトップ

娘との共演を終えて そして 合唱団ふたつ

過日はたくさんの方々に娘のリサイタルにおいでいただき、また、応援いただき、ありがとうございました。なんとか終わりました。楽しかった、気持ちが良かった、浄化されました、といった感想を多くいただきました。ありがとうございます。

c0335777_22520257.jpg


八重洲のホールということで、行きは新横浜から新幹線で行きました!楽チン!娘はドレスのかさが大きかったので大きなトランク。

本番で演奏してみてはじめて気づかされることというのはものすごくたくさんあると思います。自分の今の状態、自信をもてることや足りないところ、今後やるべきこと、等々。今回も母然り、娘然り(たぶん)。

たくさんの方々のおかげで終えることができたと感謝しております。娘もこの経験を生かしてまた次に進んでいくことでしょう。

長男夫妻も来てくれて終演後写真を撮ってくれたのでそれをもらったらまたアップします!

さて、今日は午前中くりの実会の練習。若手中村先生の指導で明日の文京区ジョイントコンサート直前の練習をみっちりと。信長貴富作曲「赤い鳥小鳥」より歌います。童謡のメドレーですが、ちんちん千鳥や赤い鳥小鳥、ゆりかごなど、幼い頃聞いていた童謡のソノシート(古!)の挿絵がよみがえってきます。明日は楽しく美しくほっこりするような演奏ができるといいですね。にこやかに!

くりの実会から一度帰宅し、赤い鳥小鳥の練習をしてから今度は川崎へ!やはり明日ミューザ川崎でずっと一緒に練習をしてきた混声合唱団樹林の定期演奏会。明日はくりの実会のステージを終えてから駆けつけるので最後の方しか聞けそうにありません。というわけで前日のリハーサルを聴かせていただきに行ってまいりました。

c0335777_23025341.jpg


ホールに着くと、ステージ上の準備中。大勢の人たちが動いています。リハが始まると、今回はヴェルディばかりのプログラムなので打楽器も多いし、金管もいっぱいだし、見ただけでも迫力!演奏が始まると音も迫力!!いい音していました。ソリストもすばらしい。合唱も健闘。でもきっと本番はもっともっとよくなることでしょう!なってくださいね!天まで祈りが届きますように。


[PR]
by fumifumifumin2 | 2014-10-17 22:37 | コンサート | Comments(0)

加納文子ーピアノ、チェンバロ、日々のこと


by fumifumifumin2