♪ sotto voce ♪

sottovoce2.exblog.jp
ブログトップ

くりの実会 そして 樹林

10月18日、私が関わっている合唱団が同じ日の同時刻に演奏会がありました。

絶好の行楽日和の朝早くから文京シビックへ。文京区合唱団連盟主催のジョイントコンサート。この日は9つの団体が出演しました。くりの実会はトップバッター!午前中のリハーサルを終え、ゆっくりとイタリアンで腹ごしらえをしたあと、13:30から信長貴富編曲「赤い鳥小鳥」より15分強、中村拓紀先生の指揮で演奏してまいりました。

開演前のステージ。文京シビック小ホール。

c0335777_21531799.jpg


朝一番のステージリハでは声も出なくて心配でしたが、本番では今までで一番よい演奏になりました。ホッとする間もなく、急いで着替えていざ川崎へ。すでに始まっていますが、混声合唱団樹林の定期演奏会に!!14:45ミューザ川崎に到着!!

c0335777_21562573.jpg


オールヴェルディプログラム。オペラの合唱曲を3曲歌ったあとにレクイエム、というハードなもの。すでにレクイエムは始まっていましたがロビーのモニターを見ながら少し待って、レクイエムの後半から聴くことができました。

ソリストもオーケストラも間違いなく素晴らしく、合唱団の声もよく届いていました。最後の一音まで、1年半積み重ねてきたこと、それを精一杯表現し尽くそうとすることは「祈る」ということなのだと思いました。指揮者の想いを演奏者みんなが受け止め演奏し、聴衆までもが一体となってひとつの音楽を作り出せた演奏会だったと(半分しか聞いていませんが!)想像もしていなかった何か大きなものに気付かされた気がしています。この曲を歌いたくて歌わないまま天国に逝ってしまわれた団員の新井さんのもとにも届いた演奏でした。指揮者のをはじめ、ソリスト、オーケストラ、そして合唱団のみなさま、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

1500人ものお客様が入った終演後のロビーは賑やか。満足に歌い終えた団員の方々の笑顔があちこちに。

c0335777_22100207.jpg


合唱団の打ち上げにも、何も仕事しなかった私も参加させていただきました。和やか。

c0335777_22110659.jpg


そして、打ち上げに参加されていた数人のオーケストラのメンバーの方々に混ぜていただいて二次会へ。長女がいつもお世話になっているバッハカンタータアンサンブルの皆さんとは、私ははじめてゆっくりお話させていただきました。たまたまここのところいくつかの演奏会を終えて自分の中で今後について迷うこともあったところだったので、なんというタイミング!というような、いつもと違う方々と話すって大事なのかもと思った楽しい一夜でした。

よい演奏が二つ、楽しい打ち上げが二つ、実によい一日に感謝〜♡




[PR]
by fumifumifumin2 | 2014-10-19 21:46 | 合唱団 | Comments(0)

加納文子ーピアノ、チェンバロ、日々のこと


by fumifumifumin2