♪ sotto voce ♪

sottovoce2.exblog.jp
ブログトップ

音の小箱 vol.13

〜バロックへの誘い Ⅲ 〜
18世紀フランス ヴァイオリンの名手たち

2014年11月6日(木)19時開演(18時半開場)
近江楽堂
(京王新線初台駅東口より徒歩3分、東京オペラシティ3階)
================

今日は午前中くりの実会の練習のあと、森林公園にある横田チェンバロは工房にお邪魔して11月6日でお借りする楽器で練習してきました。お気に入りの素晴らしいチェンバロ(初期フレンチ)です!同じ部屋にフォルテピアノも置いてあり、ちょっと弾かせていただいたらまたこれがいいのなんのって!!

というわけで、4年ぶりとなりますが音の小箱シリーズ13回目が近づいてまいりました。この度はこれまでヴィオラを弾いてきた堀あゆみさんがヴィオラ ダ ガンバでデビューです。
そしてゲストの原田陽(あきら)さんはお若いにも関わらず、音楽に対する深い洞察力、感性、知識、技術、美しい音色を持ちあわせている素晴らしいヴァイオリニストです。18世紀にヴァイオリンの名手としても活躍した作曲家、ルクレールとフランクールの作品をお楽しみいただければと思います。

このほか、堀さんはマラン・マレのスペインのフォリアを、私はチェンバロソロでフランソワ・クープランの作品から森の精、パッサカーユなどを演奏いたします。このパッサカーユ、クープランの作品の中でも最高傑作と言える名曲!うー、選んでしまったけど今になってちょっとプレッシャー?!いえいえ、取り組み甲斐があるというものです。

チケット、まだ残っております。よろしければ皆様お誘い合わせの上お出かけくださいますようよろしくお願いいたします。

c0335777_22521202.jpg

[PR]
by fumifumifumin2 | 2014-10-24 23:00 | おしらせ | Comments(0)

加納文子ーピアノ、チェンバロ、日々のこと


by fumifumifumin2