♪ sotto voce ♪

sottovoce2.exblog.jp
ブログトップ

合唱団ふたつの新年

鼻が効くようになったのも束の間、またにおいがわからなくなって点鼻薬再開です。においがしなくなった、ということにはバッと気がつかないものです。ないものは見えない、というような。。。耳もそうなのかな。聞こえていたはずのものが聞こえなくなってきているけれど、聞こえてないから気づいてない。まぁ年相応に。でも、鼻が効いて胡麻油やコーヒーやお出汁の匂いをまた楽しみたいものです。

さて、先週末は混声合唱団樹林の新年会でした。新年会の前には少し時間を前倒しにして通常練習。ヨハネ受難曲。この日は教会をお借りしての練習。電子ではありますが足鍵盤付きのオルガンで!久々のオルガンでテンションは上がりますが、もちろん足鍵盤を弾く感覚なんてすっかり忘れてます。音取りですからまちがった音は出せないので手だけで演奏。何度も言ってますが、生まれ変わったら足鍵盤が自在に弾ける人に育ちたい!

そして、新年会は和やかに。樹林のみなさん、陽気です。今回の司会は若手ソプラノさん!

c0335777_21302972.jpg

ゲームもあり。

c0335777_21321293.jpg

最下位だったグループには罰ゲーム?ではなく、歌いたい人たちばかりの集まりですから、嬉しいステージのプレゼント。ふるさとをアカペラで披露してくださいました。音楽部長のKさんノリノリです!

c0335777_21340450.jpg

樹林は今年創立30周年ということで、8月には記念演奏会が予定されています。来年5月のヨハネ受難曲での定期演奏会の練習と並行して、かなり忙しい年になりそうです。


そして、今日はくりの実会の練習。今年秋の定期演奏会のために委嘱していた作品が出来上がってきての初練習。詩もいいし、美しい曲でした。やはり合唱団を意識して書いてくださったのでしょうか(^o^)仕上がりが今から楽しみです。

くりの実会は4月末には東京カンタート2015に出演、5月末にはお母さんコーラス大会、(夏は未定ですが)、11月には定期演奏会、とこちらも忙しい年となりそうです!早速午後練の予定もたくさん組み込まれて、意気込み感じます!がんばろ。






[PR]
by fumifumifumin2 | 2015-01-23 21:19 | Comments(0)

加納文子ーピアノ、チェンバロ、日々のこと


by fumifumifumin2