♪ sotto voce ♪

sottovoce2.exblog.jp
ブログトップ

札幌 最終日(余市ー小樽)

札幌最終日。本番も終わり、この日は8時半出発で団員の皆様と余市、小樽へのバス旅行。

なのですが、その前にー。早起きして札幌場外市場へ行ってみました。朝ごはん。

c0335777_13144109.jpg

c0335777_13150069.jpg

活イカのお刺身も食べたかったのですがまだ入っていないらしく断念。私はミニのウニいくら丼。ご馳走様でした!!ウニ、甘くておいしかったー!

食べるだけ食べて少し周りのお店を見てホテルに戻り、いよいよみなさんとの観光スタートです。

c0335777_13172830.jpg

まずは余市のニッカウイスキー工場。

c0335777_13180058.jpg

どこかよその国に来たような。


c0335777_13303416.jpg


c0335777_13311407.jpg

c0335777_13314408.jpg

c0335777_13315980.jpg

c0335777_13322008.jpg

のんびりと見学をしてまわり、最後は試飲。

c0335777_13330587.jpg

c0335777_13332463.jpg

全部飲み干したわけではありません。
ウイスキーはふだんほとんど飲まないのですが、やはり飲み比べができると言われたら試してみないとね。ストレートでお水を飲みながらお試し。私はまろやかなピュアモルトの方が好きでした。

c0335777_13334233.jpg

ニッカ工場をあとに、石狩湾を見ながら次は鰊御殿へ。お昼ご飯です。

c0335777_13373842.jpg

c0335777_13380023.jpg

c0335777_13384352.jpg


c0335777_13392327.jpg

お昼ご飯の前に、ひまわり賞を取って羽ばたく(ちょっと?だいぶ?太めな)クジャク氏からご挨拶。秋の定期演奏会ではさらによい演奏ができるように!とのお言葉♪

c0335777_13403091.jpg

そして、いただきます!

c0335777_13401124.jpg

食事の後には貴賓館の見学。こちらは写真撮影禁止でしたので画像はありませんが、贅を尽くした欄間や襖、かなりの豪邸ですがどこか懐かしい感じのする建物は思っていたより見甲斐がありました。

超晴れ女の団長さんのおかげで曇っていた空も晴れわたる!

c0335777_13490319.jpg

c0335777_13492884.jpg

そして、小樽へ。運河。

c0335777_13500097.jpg

c0335777_13502151.jpg

c0335777_13504208.jpg

c0335777_13512403.jpg


良きご夫婦。
c0335777_13514361.jpg

c0335777_13523447.jpg

c0335777_13524874.jpg

ガラス細工を見たりしながら、集合時間が迫り、トイレも行かなくてはならないし、それでもソフトクリームははずせない!と買って食べたので画像はなし。しっかり完食。

c0335777_13540675.jpg

そしてそして、旅の最後はまたお酒〜。今度は日本酒です。

c0335777_13545859.jpg

製造工程の説明を聞き、またまた数種類試飲してきました。説明をしてくれたかわいらしいお姉さんともさようならをして、いよいよ千歳空港へ向かいます。

c0335777_13560551.jpg

千歳空港、夏休み最後の日曜日だからか、ものすごい人で混雑していました。北海道さよーならー!

c0335777_13564393.jpg


小樽で買ったガラスたち。箸置きは夫と次女にはそれぞれの干支(戌と午)私は当然ブタで、もうひとつの白いのは長女の顔に似てたから。

c0335777_13575773.jpg


遊び疲れて帰ってきましたが、ひまわり賞もいただけて充実感。みなさんに感謝。本日より両親の家に日に数回手伝いに行く日常に戻りました!留守中も心配していましたが、義姉や従姉が様子を見に手伝いに来てくれて助かりました。感謝。東京に帰ったら暑いかと覚悟していましたが涼しくてホッとしています。夏も終わって、さてさて、秋冬のコンサートの練習も本腰入れて始動しなくては〜〜♪

※長たらしい旅行記見てくださってありがとうございます。これ以外の写真は後日整理してご覧になりたい方にはご覧いただけるようアルバムでアップいたします。



[PR]
by fumifumifumin2 | 2015-08-24 13:08 | Comments(0)

加納文子ーピアノ、チェンバロ、日々のこと


by fumifumifumin2