♪ sotto voce ♪

sottovoce2.exblog.jp
ブログトップ

フォーレ ヴァイオリンソナタ2曲

今日は急に寒くなりました。ダウンコートとブーツのお出まし。

来る12月12日(土)、水戸奏楽堂において、蒲生克郷さんによる「ヴァイオリンソナタの夕べⅢ 」でフォーレのヴァイオリンソナタ2曲と小品を共演させていただきます。私は水戸奏楽堂も、このシリーズ出演も、蒲生さんとの共演も、今回初。今日チラシをいただきました。

c0335777_20515114.jpg

話せば長くなるのでやめておきますが、昨年の秋にヒョンなことから蒲生先輩とご一緒させていただける話が持ち上がり、一年越しで実現に至ることをありがたく思っています。(すべては?打ち上げから!正確には二次会から!)

フォーレのヴァイオリンソナタ、1番は弾かれる機会も多く、若い時に書かれたみずみずしい名曲。それに対して晩年の耳が悪くなってから書かれた2番は、1番に比べると弾かれる機会は少なく、とっつきにくい印象はありますが、内面に溢れる情熱、緊迫感、そして優しく純粋なメロディーに移ろう色彩。。。こちらも名曲です。どちらも弾いても弾いても飽きることなく、弾けば弾くほど発見もあり好きになる。

もしも、万が一、水戸の方面についでのある方がいらっしゃいましたらどうぞお立ち寄りくださいませ。

水戸奏楽堂のHP ← 詳細はこちらをクリックしてご覧ください。


[PR]
Commented at 2015-12-14 21:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fumifumifumin2 at 2015-12-16 21:37
mejiroさま、お返事遅くなり申し訳ありません!
今回フォーレの若い時の作品(ソナタ第1番)と晩年の作品(ソナタ第2番)を演奏いたしました。流麗で繊細な中にも、1番には若々しさがみなぎっており、2番は精神的な強さがあふれています。そのあたりを感じていただけたのでしたら幸いです。クラスメートさまにどうぞよろしくお伝えくださいますように。ありがとうございました。
by fumifumifumin2 | 2015-11-25 20:45 | おしらせ | Comments(2)

加納文子ーピアノ、チェンバロ、日々のこと


by fumifumifumin2