♪ sotto voce ♪

sottovoce2.exblog.jp
ブログトップ

「樹林」ヨハネ受難曲

混声合唱団「樹林」の第21回定期演奏会。ミューザ川崎。小学校時代の仲良し2人HちゃんとTちゃんをお誘いして、つばめグリルで楽しくランチしてから伺いました。

c0335777_19195754.jpg
もうすぐ開演。くまもんののど飴もHちゃんにもらって準備万端。

c0335777_19452429.jpg

第1曲目の合唱の出だし、「Herr!」出てくるたびに鳥肌が立ちました。もちろんいい意味で!神様も振り向いてくださったかも。

オーケストラもソリストも超豪華メンバー!!どの方もなんというか、無駄な褒め言葉はいらない、という感じ。副指揮者仲子先生やボイストレーナーの先生方の地道なご指導も忘れることはできません!

c0335777_19242191.jpg

今回エヴァンゲリストの鈴木准さん、長女が以前に何かの本番でご一緒させていただいたことがあり、その時に「すっごくうまい人だった!」と珍しく興奮気味に言っていたのを思い出して楽しみにしていたのですが、本当に素晴らしかった!まずはこの方なくして今日の演奏会の成功はなかったと言っても過言ではないですよね。

また、通奏低音のチェロ、リュート、そしてガンバと共に奏される加納悦子さんによるアルトのアリアは息を飲む演奏でした。絶品。イエスの田代さんも、ピラト&バスの黒田さんも、ソプラノの佐竹さんも、♡♡

田崎くんのチェロと能登さんのオルガンの息の合ったコンティヌオもいつもながら素晴らしい。情景、感情に即したコンティヌオを弾かれるオルガン、聴き入ってしまいます。こんな素晴らしい実力派の方々とステージに上がっていらっしゃる合唱団のみなさんが羨ましかったです。

そして、オーケストラとソリスト陣と一体になってドラマを作り上げていかれた合唱団もお見事でした。安心して聞かせていただくことができ、音楽に引き込まれていきました。たま〜に不安が湧いてくることもありましたが(^o^)  最後のコラールではほんと涙がじんわり。何度も同じ注意をされながらも努力を重ねてこられた成果が、ミューザの響きに乗って拡大されて聞こえてきた気がしします。

重たすぎて持ち上げる気はさらさらありません(というか無理)が、指揮者の指導力と音楽作りがあってこそ今回の演奏会の成功があったのでしょう。今日の演奏を聴かせていただいてあらためてバッハに畏敬の念を抱きました。この素晴らしい作品を1年半合唱団の皆さんと共に学べたことに感謝いたします。

シンデレラな私は打上げも失礼してしまいましたが、とても満たされた気持ちで帰ることができました。打上げ出なかったのにいただいて帰ったお花、ありがとうございました。そしておつかれさまでした。そして充実の演奏会、おめでとうございました!今頃まだ打ち上がってるんだろうなー。

c0335777_20010856.jpg

[PR]
by fumifumifumin2 | 2016-05-14 19:14 | 合唱団 | Comments(0)

加納文子ーピアノ、チェンバロ、日々のこと


by fumifumifumin2