♪ sotto voce ♪

sottovoce2.exblog.jp
ブログトップ

爽やか10月…誕生日と歴女

10月にしては30度という高い気温でしたが、青空で爽やかな風の吹く一日でした。そして湿度は一気に下降!

そんな今日(もう昨日、ですが)ン〜回目のお誕生日を迎えました。たくさんの方々からメッセージ等いただき感謝しております。

ン〜歳初日はいつものように両親との日常にはじまり、昼前からは今月末にある連弾コンサートの合わせ。つくばからはるばる相棒の道子さんが来てくださいました。笑いの絶えない?練習が続いております。


さて、夜には娘たちが作ってくれたバースデーケーキでお祝い♡

c0335777_01053119.jpg

かわいいブタさんケーキ。目や鼻はソーセージみたいに見えますがケーキです!見た目可愛いだけでなく美味しかった。ありがとう〜!


そして、昨日のこと。この爽やかな時期、毎年私のお誕生日週間に銀座王子ホールではハープの師、西山まりえさんによる「歴女楽コンサート」が開かれます。今年で4回目。と言っても、私が知ったのは昨年から。昨年ものすごく楽しませていただいたので今年も行ってまいりました。ガンバのあゆみちゃんとともに。チケット販売開始日にすべて売り切れたという人気コンサート。

c0335777_01084093.jpg

今回のテーマは細川ガラシャ。歴史小説読んだだけでもドキドキするようなテーマですが、まりえさんのナレーションと音楽(今回はイタリアンチェンバロとトリプルハープ)でガラシャの一生が淡々と、しかしドラマティックに進んでいきます。ゲストは尺八の藤原道山さん。美しい音色で、和楽器にもかかわらず、西洋のオルティスやカステロの作品を柔軟に生き生きと演奏され引き込まれました。もちろん和楽器独特の奏法や表現の仕方があるのでしょうが、その音楽をどのように表現するかということについて、和楽器も洋楽器も関係ない、という感じ。

最後に演奏されたモンテヴェルディのハープソロは無念の死を遂げたガラシャの心を語るように。アンコールで尺八とハープで奏されたカッチーニのアヴェマリアは天国のガラシャにきっと届いていると確信したものでした。

来年も10月4日、私のお誕生日週間に歴女シリーズあります。今から楽しみです!(あ、もちろん私のお誕生日週間だからこのコンサートがあるというわけではなく、たまたまです…あたりまえ〜)


さぁこの一年、体調管理をしっかりしながら、やるべきこと、やりたいこと、上手に時間を使って楽しく過ごしていけたらと思います。ピアノ弾く、チェンバロも弾く、ハープ弾けるようになる、ビーズアリワークも細々とでも続ける、両親に気持ちよく過ごしてもらう、等々。今後ともどうぞよろしくお付き合いお願いいたします。

☆しつこいですがまだ若干の残席あるそうです。よろしければお出かけくださいませ。

c0335777_01422141.jpg



[PR]
by fumifumifumin2 | 2016-10-07 00:34 | ひとりごと | Comments(0)

加納文子ーピアノ、チェンバロ、日々のこと


by fumifumifumin2