♪ sotto voce ♪

sottovoce2.exblog.jp
ブログトップ

ミラノへの旅 ③

午前中に行ったブレラ絵画館。特に中世の絵画の数々にに目を引かれました。小学生の団体がいくつかのグループに分かれて、宗教画の前に座り引率の先生の説明をあちこちで聞いています。どんな説明をしているのか知りたいのですが、悲しきかな、わかるすべはありません。

c0335777_09373754.jpg

このブレラ絵画館のあるブレラ地区は美術を学ぶ学生さんたちも多く集まる地区のようです。画材屋さんもいくつか見かけました。

c0335777_09395372.jpg

さてさて、ホテルに戻って午後のスケジュールに備えて休息を取り、いよいよ最後の晩餐。ホテルからすぐのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会へ。

最後の晩餐は完全予約制なので旅立つ前にネットで予約。直接の予約は取りにくく、結局代行会社を通して予約。手数料はかかりますが確実で安心。

c0335777_09442244.jpg

最後の晩餐のある食堂入口はこちら。

c0335777_09450933.jpg

1グループ15分の制限時間で鑑賞します。
チケットと日本語ガイドも借りてみました。でも下調べしていればガイドはなくてもよかったかも。

c0335777_09464791.jpg

修復されたという最後の晩餐ですが、テンペラ画であるため劣化も激しく、表現のために選んだ手法だとはいえ、美しく残っているフレスコ画の数々を思うと、残念なような、仕方のないことのような。

c0335777_09472154.jpg

教会内部はこちら。
c0335777_09542561.jpg

さて、最後の晩餐を鑑賞したあとはMさんのお宅へ。

今回の目的、サルディーニャ島にお住いのGraziaさんから譲っていただくことになったアルパドッピアを、サルディーニャからミラノのMさん(ミラノ在住日本人ハーピスト)のお宅まで送っていただき、それを取りに行ったという、いつのまにかあれまぁ、な旅。

サルディーニャからの梱包を一度解いて無事を確認。そして再度日本に向けての梱包を。これです。アルパドッピア モンテヴェルディ。

c0335777_09535458.jpg

8歳のお嬢さんMちゃんが無邪気でかわいくて!お客さん大好きで懐いてくれます。ママは日本人、パパはイタリア人ですから日本語もイタリア語もペラペラ。独学のピアノ、ジングルベルを右手だけでじょうずに聞かせてくれたので、簡単な左手の伴奏をつけてあげたら、熱心に自主練を続けすぐにマスター。頭のいい子です。日本の歌もたくさん知っているし、しりとりやっても言葉が豊富!これはお母さんがえらい、と思いました。

c0335777_09581977.jpg

この日はMさんのお宅でご家族とともに夕食をいただきました。ラザニア、美味しかった!

このお菓子も!名前、なんだっけ?(聞いてもすぐ忘れる)

c0335777_10062924.jpg


060.gifミラノ2日目後半の写真←よろしければこちらをクリックしてご覧ください。

(つづく)

[PR]
by fumifumifumin2 | 2017-02-10 09:34 | | Comments(0)

加納文子ーピアノ、チェンバロ、日々のこと


by fumifumifumin2