♪ sotto voce ♪

sottovoce2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:コンサート( 21 )

台風の中、特急ひたちに乗って水戸までやってまいりました。

c0335777_23055897.jpg

c0335777_23160026.jpg

水戸奏楽堂。ここでの演奏は私は2回目。

c0335777_23063993.jpg

名曲ばかりのプログラム。

c0335777_23073013.jpg

c0335777_23125766.jpg

雨風強まる中、たくさんの方々に来ていただきました。名曲とともに幸せなひとときをみなさんと過ごさせていただくことができました。このような共演をさせてくださった蒲生さんに感謝!

ホールの控え室にかかっている時計。かっちかっちと時を刻んでいました。

c0335777_23135389.jpg

本当は本番のあとには楽しい予定を企んでいたのですが、台風のこともあり日帰りに変更。が、強風に常磐線は弱いということでホールの方も心配してくださって急遽ホテル宿泊に。

今、選挙報道を見ながらホテルの部屋でころがっています。

[PR]
by fumifumifumin2 | 2017-10-22 23:05 | コンサート | Comments(2)
台風一過。代官山教会にて、桑形亜樹子さんによる平均律クラヴィーア曲集第1巻全曲演奏会。

c0335777_19275805.jpg

折り目のついてしまったプログラムの写真でごめんなさい!

バッハの平均律、というと、学生時代は毎週のレッスンのために1曲は譜読みをして翌週には暗譜、という、バッハ好きにとっても「ねばならぬ」の苦行(笑)でもあったわけですが、そういうレッスンの縛りから解放?されてからは、折に触れて弾いてみると若い頃には気がつけなかった音楽の素晴らしさや面白さにも多く気づき、あらためてじっくり取り組みたいと思いつつそのままになっている作品。

その全曲演奏会ということもあり、様々な研究を重ねておられる桑形さんの演奏ということもあり、とても興味深く楽しみに伺いました。

c0335777_19305704.jpg

本日使われた桑形さん所蔵のフレミッシュチェンバロはカッツマン作。柔らかく伸びやかで豊かな響き。

c0335777_19293570.jpg

24曲は8曲ことに区切られ、2回の休憩を挟んで演奏されました。第2部の真ん中に位置する12番f-mollのフーガでは思わず天(実際には天井)を見上げここが折り返しなのかと気づく!1番C-durの超有名なプレリュードに始まり24番h-mollの傑作フーガまで、全曲を通すことによってバッハの描いた宇宙が明らかになってくる演奏。曲間の間合いや拍子から割り出した?こだわりのテンポ設定も音楽的に納得させられるもので、全曲でひとつの宇宙を作り出す大きな役割を担っていたのかと思います。

あっという間に終わってしまった充実の全曲演奏会でした。あらためて、バッハってやっぱりすごい♡そうは言っても全曲通して弾くのは大変。大変でしょうがやればものすごく楽しくて幸せな気持ちになれるだろうな、とも。第2巻全曲演奏会もそのうちされるのでしょうか??楽しみです。

会場ではK教授(中学で桑形さんの後輩さんらしい)やヴァイオリニストY子ちゃんと2階席でご一緒できたことも嬉しいことでした!


[PR]
by fumifumifumin2 | 2017-09-18 19:25 | コンサート | Comments(0)
2017年4月23日(日)14:00〜
古楽研究会 Space 1F にて

終わりました!

c0335777_20093501.jpg

小さなスペースで身近に音楽を〜という主旨ではじめた「音の小箱」シリーズ。あゆみさんと二人で気ままにやってきて今回が14回目。今までで一番こじんまりしたスペースだったかも。

個人的には特に4月に入ってから家族の体調のことなど、いろいろいろいろあって、一時は音楽の「お」の字もない日が続き、どうなるのかと焦った時期もありましたが、最後は当日に向けて集中でき、本番は楽しまないと損〜!と思って思いっきり楽しみました♪

古楽研究会のチェンバロ(今回お借りしたのはカールマン作フレミッシュ)でしたが、柔らかくよく響きとても弾きやすい楽器でした。この楽器を弾けただけでも大収穫です。

c0335777_20332105.jpg

今回はガンバのドイツ音楽がメインでしたので、ガンバのお二人が大活躍でしたが、やっぱりアンサンブルは楽しい!

嬉しい感想もたくさんいただき、これからの励みになります。ありがとうございました。あゆみさん、そしてゲストの山根さんもありがとうございました!!

本番の写真はありません。行き届いた受付嬢のR子ちゃんが撮ってくださったリハ中の貴重な一枚。

c0335777_16500326.jpg

そして客席側からは見えないけど、ここにも美しい絵が描かれているのです。

c0335777_20350791.jpg


[PR]
by fumifumifumin2 | 2017-04-24 20:06 | コンサート | Comments(0)

Spring Concert〜Japan×Vietnam

2017年3月5日 音楽サロンAriaにて。

c0335777_22334104.jpg

次女が昨年秋まで2年半ほどハノイに留学していた関係で、来日することになったベトナム国立交響楽団元首席オーボエ奏者のラムくんと一緒にコンサート。

前半はフルートとオーボエのために書かれた作品を中心に、後半は日本のうた、ベトナムのうた、を主題に。

このコンサートのために、ベトナムの作曲家ダン・ヒュウ・フック氏のベトナム民謡をテーマにした作品をフルート、オーボエとピアノのために作曲家ご自身に編曲していただくことができました。ベトナムの民謡、日本に近いようなちょっと違うような、でもとても耳に馴染んでつい口ずさんでしまうようなメロディです。今でも耳から離れません(笑)

おかげさまで満員御礼のお客様に楽しんでいただくことができたようでホッとしています。ありがとうございました。

今回、事務仕事や司会をしてくれた次女はアオザイ姿。

c0335777_09144781.jpg

この日は昨日の分も打上げ!
のどぐろ美味しかった〜。

c0335777_00042977.jpg


c0335777_00045863.jpg

白エビの上に金箔が!

c0335777_00074172.jpg


さて、次は4月のコンサートに向けてチェンバロに向かいます!


[PR]
by fumifumifumin2 | 2017-03-06 23:58 | コンサート | Comments(0)

傘寿お祝いの会

c0335777_20503592.jpg

昨日1月29日は恩師の傘寿をお祝いして門下生たちの集まるパーティーでした。どうせみんなが集まるならみんなで楽しくコンサートもしようよ、というのが先生をはじめとするこのクラスの考え方です。

c0335777_19200916.jpg

先生が編曲された2台8手のためのマイスタージンガーでは先生のシンバルがサプライズで披露されたり、ディアベリの変奏曲ではまず先生が主題を、そのあとは自作も含めて様々な作曲家の変奏曲が35人くらい?の門下生たちで演奏が繰り広げられました。いやー、当たり前でしょうがみんなピアノがうまいし楽しい!!

コンサート後半は先生のミニリサイタルから。バッハ、ドビュッシー、グリーグを演奏してくださいましたが、先生はもはや「ピアノを弾く」のではなく(いえ、弾いていらっしゃるんですけどね)、ピアノを通して作曲家の言葉をしみじみと語られるのです。

この感動的な先生の演奏のあとに、私を含めての4人でやはり先生の編曲による2台8手でブラームスシンフォニー4番終楽章を弾かせていただきました。いろいろありましたが、これも楽しかった!ご一緒させていただいたみなさん、ありがとうございました♡

同年代組で写真撮影!
c0335777_20485430.jpg

コンサートのあとは立食パーティー。お食事も美味しく、ケーキも美味しく(3つも食べた!)、BGMとなる有志演奏ではバッハからジャズまで。贅沢なこと。持ちネタのある有能な人たちはたくさんいたのでもっとたくさんの人たちに弾いて貰えばよかった。

c0335777_20495871.jpg

二次会も終電逃すまで楽しみました。(ちゃんと帰りましたが)

先生と奥様、普段なかなか会えない友人や先輩後輩の方々とも会えたこと、とりわけもう一人の恩師である故伊達純先生の奥様ナナ先生にも久しぶりでお目にかかれたことも嬉しいことでした。

そして、自分にとってのピアノとは?ということをあらためて考えなおすことのできる幸せなひとときともなりました。

c0335777_20473121.jpg

先生、ますますお元気で、次の機会を楽しみにしています!おめでとうございました!!

[PR]
by fumifumifumin2 | 2017-01-30 19:16 | コンサート | Comments(0)
昨日10月29日、横浜市センター南にある音楽サロンAriaにおいて、Aria主催コンサート「連弾の愉しみ」を終えました。

c0335777_21282214.jpg

いつもお世話になっているAriaさんからコンサートのお誘いを受け、何をやっても結構です、ということ。歌?バイオリン?なども考えましたが、このサロンはやはりスタインウェイのピアノが主役なので、ピアノを生かせるコンサート、ということでソロもいいけど2本の手より4本!連弾を楽しんじゃおう、と決定。足りない2本の手はつくば在住の道子さんにお借りすることにしました!遠いところから体ごと何度も合わせに来てくださり、楽しい練習を経て楽しい本番を迎え、終えることができました。

c0335777_21345895.jpg

本番3日前から予定外の母の通院が毎日続き、当日も朝からリハーサル直前まで病院に。あまりに遅くなった時のために母の帰りを頼めるように次女も連れて。大きな病院での診察なのでだいぶ待たされましたが、なんとか予定より1時間遅れで会場入り。ドレスを掛けて、靴を履いてリハーサル、と思ったらなんと、左右ばらばらの靴を持ってきていて大焦り!譜めくりを頼んでいる長女に取りに帰ってもらおうか、でも譜めくりのリハもしておいて欲しいし〜、と一瞬悩みましたが、あとから次女が聞きにきてくれることを思い出し片方持ってきてもらうことに。娘が2人いてくれて良かった(^-^;

40席ほどのこじんまりしたサロンですが、お集まりいただいたみなさんにお楽しみいただけたようでホッとしています。Ariaさんには控え室の準備、リハーサル等々、細やかに行き届いたご配慮をしていただき、集中して本番を向かえることができました。

そして、演奏後は打上げ!!両親の夕食も次女に頼んで久しぶりに時間を忘れて目一杯楽しみました。はじめの2時間ほどは神戸からわざわざこのコンサートのためにと出てきてくださった女神様Sちゃんと、最近関東に居を構えられたK教授も参加してくださいました。そのほか同門ピアニストのCちゃん、譜めくりしてくれた長女、そして私たち2人。振り返ってみると4時から10時半?まで!よく飲みました。よく喋りました。いやホンマ。

共演してくださった榊原道子さん、このような機会をくださったAriaのオーナー細川さん、スタッフのみなさん、聞きにきてくださったみなさん、そして娘たちに支えられて終えられたことに感謝です。皆様ありがとうございました!



[PR]
by fumifumifumin2 | 2016-10-30 21:25 | コンサート | Comments(0)

ジャパン・オルフェオ

去る10月13日、東京芸術劇場にて日伊国交150周年記念「オペラ×能×日本舞踊×雅楽 ジャパン・オルフェオ」公演(世界初演)を観て聴いてまいりました。

c0335777_22352289.jpg

日本とイタリアの芸術が合体!とにかく心から楽しませていただきました!

広いコンサートホールで古楽のオーケストラの音がどれだけ響くのか、と思っていましたが、そんな心配はまったく必要なく、2階席まで一つ一つの楽器の音がクリアに届き、すばらしいアンサンブルを聴かせてくださいました。歌も楽器も、書かれた即興、書かれていない即興もそれぞれ小気味よく心地よく。レーザーハープ(スターウォーズのライトセイバー?みたいに光る!)なんていう楽器も登場してビックリでしたが。

そしてモンテヴェルディのオペラの合間に加わってくる和の分野。静の美、張り詰めた緊張感、気品のある優雅さと華やかさ。あらためて日本の伝統音楽、伝統芸能の素晴らしさに触れ感動。

先週末の鶴岡八幡宮での公演ではもっと幽玄な世界がひろがったことでしょう。(お天気の影響で楽器は散々な目に遭ったようですが)

誰がはじめにこの企画を思いついたのでしょう?奏者、演者ともにみなさん一流の方々ばかりで、充実した気分で会場をあとにいたしました。大満足!ありがとうございました。




[PR]
by fumifumifumin2 | 2016-10-15 22:03 | コンサート | Comments(0)
大型連休も今日が最終日。今年のGW中はフリーな日が多かったため、結構出歩きました。

昨日はムジカーザに14世紀の音楽を聴きに行って参りました。

c0335777_12584914.jpg

開演を待ちます!

c0335777_13324876.jpg

スコラ・カントールム学生時代からのお付き合いというお二人の息のあった演奏。バロック以降の音楽に慣れた耳にはエキゾチックなワクワクな旋律も。

プログラム。これを持ったまま拍手したのでちょっとくしゃくしゃ。

c0335777_13362009.jpg

休憩時間には珍しい楽器の数々をみなさん覗き込みに集まっていらっしゃいます。私も行ってみました。

c0335777_14240574.jpg

コリーナ・マルティさんのクラヴィシンバルム。そのまま再現するととんでもない楽器になってしまうという設計図をもとにドイツの製作家さんと相談しつつ数々試作し、出来上がったという楽器。チェンバロの小型版という感じですが、ダンパーがありません。鳴った音は響いたままというわけです。美しい音色。

c0335777_13394924.jpg

この写真の方が大きさがわかりやすいでしょうか。

c0335777_14325938.jpg

そして私が前から気になっている楽器、オルガネット。小型のオルガンです。

c0335777_13415962.jpg

後ろにふいごがついていて、左手で羽ばたくように空気を送りながら右手はボタンのような鍵盤で奏でます。オルガンですから音は持続するし、空気の送り方次第でcresc.もdim.もできる楽器。アコーディオンのような感じですね。興味津々。

c0335777_13423486.jpg

このほか、コリーナさんの中世リコーダー(ダブルになったリコーダーも見事に美しく聴かせてくださいました)とまりえさんのハープ。様々なサウンドを日常から離れて楽しませていただきました。

楽器は当時の絵画から再現されたもの。演奏される音楽も様々な写本が残されてはいるものの、記譜法は今と違うし、現代のように演奏する音がすべて記譜されているわけではないので(細かく書かれているものもある)、どのようにアレンジされ演奏されたか、文献による研究も進んでいることでしょうが、最終的には想像力と心(遊び心?)なのでしょう。

その昔の誰が作ったかもわからない美しい単旋律のメロディーにどんな伴奏をつけて趣味よくもとの音楽をより豊かに表現できる飾り付けを考え即興しながら演奏を楽しめるか。逆に、のちの時代の作曲家により様々な装飾のされている音楽をそのまま記譜されるようになってからの楽譜からはもとにあるシンプルな骨格を見極めあたかも即興のように演奏を楽しめるか。逆のことのようですが、どの時代も音楽はやはりそれぞれの作品を心から楽しんで慈しんで演奏することが一番なんだなと、あらためて感じるコンサートでした。心から楽しむためには余裕のあるテクニックを習得しなければいけないのですけどね〜 ♪

それにしても最近中世音楽の演奏される機会が増えていること!って私が今まで気付いていなかっただけなのですが、確実に研究は進み興味を持つ人も増えてきているのでしょう。

[PR]
by fumifumifumin2 | 2016-05-08 12:45 | コンサート | Comments(0)

GW (その4) 有楽町

すごい強風。暑い1日。午後から有楽町に出向きました。連休中は東京有楽町界隈でラフォルジュルネが開催中。あれこれ行く元気はなかったので、長女の出演するコンサートだけのぞきに行ってきました。交通会館。

c0335777_20113935.jpg

フルートカルテットMICO。桐朋オーケストラアカデミーの同期で、2年間富山での寮生活を共にした4人娘たち。

どうでもいいことですがメンバーの名前をアイウエオ順で並べると「あしざわーおかもとーおしべーかのう」とカ行なのに加納が一番最後なんて珍しいことです。

c0335777_20180055.jpg

交通会館のエントランス、大勢の方々が早くから待って聴いてくださっていました。すぐ横にある高架の上を走る新幹線の音や野菜を売ってるおにいさんの声、いろいろな音に囲まれた空間ではあるのですが、気楽に外で音楽を聞くっていうのもいいものかも。

c0335777_20200719.jpg

交通会館の端っこにある大阪のアンテナショップ「大阪百貨店」。

c0335777_20214531.jpg

会場で出会った同級生有子さんと小腹を埋めに。食べる前に撮ればよかった。有子さん豚まん〜、私タコ焼き〜!

c0335777_20361285.jpg

有子さんと別れたあとにはひとりソフトクリームでさらに満足。

c0335777_20401404.jpg

5時過ぎには帰らないと元の姿に戻ってしまう私なので(←またか!)私は帰宅。夫と長女は仲良くビアガーデンに向かって行きました(^-^)/


[PR]
by fumifumifumin2 | 2016-05-04 20:08 | コンサート | Comments(0)

GW (その1) 復活と昇天

大型連休の二日目の4月30日午後、ハノイから帰国中の次女がおじいちゃんおばあちゃん宅の夕食の準備を引き受けてくれるというので、久しぶりに昼夜続けての外出。

まずは文京シティコアの演奏会に!

c0335777_22360982.jpg

初めて聴くC.Ph.E.バッハのオラトリオ「イエスの復活と昇天」。父バッハの音楽をしっかり引き継ぎながらも古典派への時代を歩んだ息子バッハ。記譜の仕方もきっと父子では違ったのだろうなぁ。オルガンの楽譜は同じなのかな。

ソリストが受難のオラトリオ、と聞いておりそれも楽しみにしていましたが、さすが選ばれたソリストの皆さん、きっと本当は難しい曲の数々だったのでしょうが難しそうには聞こえず、すっかり楽しませていただきました。

1時間15分におよぶ息子バッハの「復活と昇天」が終わり、休憩をはさんで後半は父バッハの「復活祭オラトリオ」と「カンタータ128番 ただキリストの昇天のみが」。さすが偉大なる父バッハ であり、オケの皆さんも弾き慣れた安定感?

コンティヌオも常に安定感抜群、Nさんのオルガンもいつも素敵なのです。管楽器も大活躍。やはり復活は華やかですね。そして復活祭オラトリオではGさんのバイオリンオブリガードが本当に素晴らしかった〜。

合唱団のみなさんは、長いソロの間じっと待ちつつ、要の合唱では表情豊かに堂々と歌い上げておられました。オラトリオにおける合唱の位置、意味がよくわかった気がします。

実力あるソリストやオーケストラと、熱意ある合唱団があってこそなのは当然ですが、このような思い切った?意味のあるプログラムを提案し、成し遂げられた指揮者の力量にも拍手!

満足した気持ちで文京シビックホールを後にして夜の部に向かったのでした。

(その2 につづく〜)

[PR]
by fumifumifumin2 | 2016-05-01 22:29 | コンサート | Comments(0)

加納文子ーピアノ、チェンバロ、日々のこと


by fumifumifumin2