♪ sotto voce ♪

sottovoce2.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

大人だからこそのピアノ

蝉の合唱が凄いこの頃。百日紅も咲いています。

c0335777_21331551.jpg

昨日は大人の生徒さんだけでの合同レッスン?勉強会?ミニ発表会?をセンター南にある音楽サロンAriaさんにて行いました。これからはじまる、これからはじめる、自由自在な気持ちを持って、という意味をこめて「Preludeの会」とこっそり?名付けてみました。

趣味でピアノを弾いてみたいと大人になってから始めた方、かつては音楽大学を出たけれど子育て一段落してもう一度ピアノに向かいたいという方、ずっと趣味だけど徹底的に学びたいという熱心な方、など、レッスンも月に1回か2回の、ほんとうに事情も環境も取り組み方も様々な方々にあえてお集まりいただき、とにかく人前で演奏し、お互いの演奏を聴き合うという場をつくりたいと思っての初企画。発表会ともまた違ったもので大人たちのための合同レッスンでした。

実はこれは長年お世話になっていたチェンバロの師が時々このような機会を数人の仲間のために作ってくださったことがとてもよかったのでちょっと真似っこ。

常にそうではあるのですが、今回この会にむけて、間違えないで弾くことも大事だけれどそれよりも曲の持つメッセージや構成も考えて、とにかく聴いてくださる方に何かを伝えることを最優先してみよう、という課題を持って、イメージを持ち、それを表現するための方法も考えつつ準備していきました。当日の演奏は!みなさん、思いがけないミスもありましたが、初心者もベテランもみなしみじみ伝わってくるではありませんか!全員終わって少し時間が余ったので何かありますか?と問いかけたら、リベンジしたい、という積極派がお二人も!ぜひこのような会をこれからもちょくちょく気張らずに続けていきたいものだと思いました。

終わってからは飲み会、と言いたいところですが、昼間の会でしたのでお茶会です。

c0335777_09312981.jpg

今回みなさんお忙しい中、4名の大人の方々が参加してくださいました。みなさんとてもピアノを楽しんでおられて前向きです。次回は秋?バッハの会にする?連弾の会もいいかも、なんて話も出たり、これからみなさんと一緒にこの会を作っていけたらと思います。大人だからこそのみなさんの楽しみが広く深くなりますように。

あー、集合写真を撮るべきでしたー。次回は忘れずにピアノの前で撮りましょう!


[PR]
by fumifumifumin2 | 2015-07-31 09:17 | Comments(0)

根津

週に一度のくりの実会の練習に、都会のような田舎、田舎のような都会である港北ニュータウンから都内へ。今日は東大前。8月22日には札幌で全国大会に出場します!

お昼過ぎまでの練習のあとはちょっと歩いて根津へ。私は大学時代も根津方面には(いえ、上野方面だって)食べ歩いたり、あまり遊び歩いたりしたことがなかったので、長女から根津には美味しいお店がいっぱいある、と聞いていただけでしたが、初、根の津。

c0335777_19452272.jpg

よい風情。鴨のつけ麺。満足!

c0335777_19461312.jpg

食後にはこれまた初の根津神社。

c0335777_19470931.jpg

c0335777_19473972.jpg

立派な神社ですね。ツツジの季節にまた訪れたいです。

さらにいくと、続く続く。

c0335777_19490068.jpg

ここは乙女稲荷というんですって!ってことで、
「乙女のいナり」弾いてるところです。
わかります?出だしのオクターブでーす。
(こんなおバカなこと、思いつくのは私ではありませんが!けど、これは結構受けた)

c0335777_19493008.jpg

日常の中のちょっと一息。根津、またうろうろしてみたい町です。帰りには日も差してきて、さて、また明日からもがんばろーっと(^-^)/


[PR]
by fumifumifumin2 | 2015-07-17 19:37 | ひとりごと | Comments(2)

夏に向けて

ひっさしぶり〜の更新です!

すぐ近くに住む母のお腹に先月たまたま撮ったエコーで大動脈瘤が見つかり、先日入院してステント手術、経過も良く今週火曜日に思っていたより早く退院できました。入院前からの重なる通院、11日間入院中の毎日のお見舞い。病院はうちから車で片道45分くらいあるのですが、はじめは不安だった道のりもスイスイ行けるようになりました!横浜新道、横横道路はもういつでも大丈夫!!

c0335777_09551287.jpg

殺風景な病室にはやっぱりお花がいいですね。自然の優しい色のありがたみ。私の小学生時代の学校を思い出させるような病院でしたが、現在新病棟建設中。壁のキズも新病棟への移行と共に消えてしまうんだなー。

退院後も食事の支度などできることはやっていますが、なんと言っても家が近いことが助かっています。十数年前、思い切って大阪の家を売り払って私や兄の住む神奈川に越してきてくれた父、そして、ほぼ同時期にその同じマンション(別棟ではありますが)に、うちも〜、とマンション購入を決断してくれた夫に今さらながら感謝です。

仕事や練習もあるので慌ただしいことは確かですが、せっかく近くにいてせっかく両親揃って長生きしてくれていて、元気な時は近くなのにあまり顔も出さなかったから、今はゆっくり両親と過ごす時間が増えてよい時間かも、と思っています。

と言いながら、8月は忙しくなりそうです。留守中の両親宅が心配ではありますが、あちこち出かけます。


8月7日(金)19時開演
げんきの杜 多目的ホール(福岡県上毛町)

長女(フルート)との共演で参加させていただきます。


◆混声合唱団樹林30周年記念演奏会

8月16日(日)14時開演
宮前市民館大ホール(川崎市)

樹林歴代の指揮者4名によるコンサートです。 ピアニストも3名で。
私は「水のいのち」より終曲「海」とバッハ作曲ヨハネ受難曲第一曲を弾かせていただきます。


◆おかあさんコーラス全国大会

8月22日(土)
コンサートホールKitara(札幌)

くりの実会の皆さんと出演です。
千原英喜作曲「南の絵本」より。


そして、ここだけの話ですが、ついにヒストリカルハープも習い始めました。ルネッサンスハープをずいぶん前からオルガニストのI.Nさんからお借りしたままだったのですが、意を決してチェンバリストでハーピストのM.Nさんのところへ弟子入り!チェンバロ10年やったので次はボチボチとハープ10年?の第一歩です(^-^)/




[PR]
by fumifumifumin2 | 2015-07-03 09:21 | コンサート | Comments(0)

加納文子ーピアノ、チェンバロ、日々のこと


by fumifumifumin2