♪ sotto voce ♪

sottovoce2.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

来る11月22日(いい夫婦の日←なんの意味もありませんが)に女声合唱団くりの実会の定期演奏会(35周年記念!)。指揮は泣く子も笑う辻秀幸氏。

c0335777_22455639.jpg

今回は千原英喜氏に委嘱し、出来上がってきた素敵な組曲「南の絵本」(岸田衿子 詩)の全曲演奏初演ともなります。抜粋では夏に札幌でのおかあさんコーラス大会で演奏しひまわり賞もいただいてまいりました。でも、全曲を通してみてわかるこの作品の持つ世界はまた格別です。

先日の練習時間に作曲家ご自身においでいただき、相変わらず宇宙人的であり、先人の音楽への造詣も深い千原氏から直に作品それぞれのへの作曲家の思いやイメージをお話しいただき、演奏へのアドバイスもいただき、私自身なおこの作品が好きになり、イメージも一気に広がりました。また、出版にあたり、いくつか(も!)変更などもあり、合唱団の方々も大変だろうとは思いますが、変更箇所を見ることで作曲家がどういう音楽にしたいのかがよくわかり、作り上げられていく経過を知ることができたことは興味深いものでした。よい初演にしなければね。(ちなみに指揮者、作曲者、ピアニスト、作曲者の奥さん、みんな同級生!)

この「南の絵本」のほか、荻久保和明さんの「ミサ曲オラショ」や信長貴富さんの「赤い鳥小鳥」、とピアノも弾き甲斐ある作品ばかり(汗)。それぞれの作品の世界を広げられるよう、合唱団の皆様と共に追い込みに入っております。(あるいは、追い込まれている!)

そして、明日は毎年この時期にある文京区合唱連盟ジョイントコンサート。こちらも35回記念ということ。文京シビック小ホールにて。くりの実会は定期演奏会のプログラムから、中村透作曲「4つの沖縄の歌」と嘉納昌吉作詩・作曲「花」を演奏してまいります。「4つの沖縄の歌」はアカペラなのでピアノ伴奏があるのは「花」1曲のみ。今回私の仕事量は少ないです。


[PR]
by fumifumifumin2 | 2015-10-30 22:39 | 合唱団 | Comments(0)
先々週末から先週前半はいろいろなことがあり目の回るような日々でしたが、週明けの昨日は午前中に母と美容院に行った後、大急ぎで銀座へ。半年ぶり?の銀座〜!

目指すは王子ホール。ずっと前から楽しみにしていた「西山まりえさんの歴女楽vol.3〜ルネッサンスの美魔女ルクレツィア・ボルジア」を聴きにいってまいりました。10分前に駆け込みましたが、ヨックモックのティーサービスがあったのでしっかりコーヒーで一服して客席入り。

c0335777_23090496.jpg

イタリアンチェンバロとルネッサンスハープ、そしてカウンターテナーの藤木大地さんがゲストとして出演され、午後のひととき、まりえさんによるお話に引き込まれ、500年前に生きたボルジア家の人々、そしてルクレツィアに想いを馳せながらルクレツィアが聴いたであろう作品の数々を楽しませていただきました。

c0335777_23253141.jpg

私は何も詳しくないのですが、歴史話は大好き。ワクワクします。その上、上質な音楽を間近で聴けるというものすごくおすすめの午後の過ごし方!毎月でも毎週でも毎日でも聴きたいコンサートでしたが、次回は2016年10月5日(私のお誕生日の前日!)に細川ガラシャがテーマだそうです。今から楽しみ〜。

コンサートのあとはこれまた久しぶりのYAMAHAへ。相変わらず中国人観光客で広い歩道も埋まってます。

c0335777_23200434.jpg

かき分けて進みます。銀座YAMAHAの楽譜売場の隅っこにある書籍コーナーは結構好き。これもあれも読んでみたくなる。楽譜コーナーと書籍コーナーを行ったり来たり、取ったり置いたりしながら、生徒さんのための教材も含め、持てるくらいの分量を購入。今回はバッハ関係が多かったかな。すぐに完読するかは未定ですが、高校一年生の時に欲しくて買ったバッハの本も今になってまた開いてみたくなったりするものですから気長に付き合えればと思います。(積ん読、の言い訳)

c0335777_23223721.jpg


そうそう、食洗機も設置され毎日食器がたまってスイッチを入れるのが楽しみになっています。母指CM関節症の方はよくはなりませんが使いすぎないように気をつけているだけでずいぶん違うようです。多少の痛みがないわけではありませんがピアノは十分弾けています。保護のために大ピアニスト養成ギブスも毎日つけて、偉大なピアニストになれることを妄想していたいと思います(^-^)/



[PR]
by fumifumifumin2 | 2015-10-27 23:04 | コンサート | Comments(0)

大阪経由、ハノイより

ハノイ留学中の次女より一週間遅れのお誕生日プレゼントが届きました。大阪の知らない男性のお名前からの郵便が届いたので何かな?と一瞬不審に思ったのですが、開けてみると、時々ハノイにいらっしゃっる日越友好協会の方が送るものがあるなら日本に戻ってから送ってあげるといってくださった、という次女のメモ。ベトナムコーヒーやら甘いものやらのプレゼントとカードが出てきました。ありがとうー!送ってくださったO様にも深く感謝。

c0335777_20095609.jpg

ベトナムの立体切り絵カード!あちらの方々は本当に手先が器用で細やかです。

このO様に限らず、在越日本人指揮者のHさんをはじめ、日本からいらっしゃる様々な方々、ベトナムの多くの方々、住まわせていただいているご家族の皆様にいつもよくしていただいているようで本当にありがたいことだと思っています。

あー、またハノイに行きたくなったー。



そうそう、先日の思いつきで焼いたパンですが、うまく焼けました。(Facebookではすでにアップしましたが)うまくいったので調子に乗ってまた焼きます!

c0335777_20130755.jpg


[PR]
by fumifumifumin2 | 2015-10-15 20:03 | ひとりごと | Comments(0)

思いつきの夜

食洗機を注文してまだ設置はされていないのですが、先日から置き場所を確保するために少々台所の整理を。片付けるのに重いもの移動させたり洗い物したり、余計に手を傷めそう、とも思いましたが、先月ガスコンロや換気扇も新調したところなので台所に立つ足取りが若干軽やか。

ずっと隅に置いてあったパン用のニーダーが前に出てきたので夜の10時になって急に思い立ち、ほんとに久しぶりのパン作り。うまくいくかな。

年季物のニーダーです。はじめの頃は手ごねでしたが子供たちが小さい頃はよく焼きました。

c0335777_22275014.jpg

少々うまくいかなくても焼きたては美味しいのですよね。焼き立てだといくつでも食べられるし。長男も子供の頃は「うちで焼くパンは美味しいよね」と無邪気に食べていてくれましたが、今はお嫁さんの焼いてくれるパンを食べているようです。仲良くしてくれていて何よりです。

さーて、明日の朝はどんなパンが食べられるかなー。深夜に焼き立て食べ過ぎないように気をつけようっと。





[PR]
by fumifumifumin2 | 2015-10-09 22:22 | ひとりごと | Comments(0)
今日、こんなだるまちゃんいただいてしまいました。ころとん。

c0335777_20415609.jpg

上州、前橋市生まれ!「何事もとんとん拍子にすすみますように」と書いてあります。(付いていた紙に)
お誕生日も特技もあるらしい。耳はピクピク動きそうにないけど。Rちゃん、Yちゃん、ありがとう!仲介役のAちゃんもありがとう(^o^)

c0335777_20452734.jpg


さて、先日お騒がせいたしました手の方は休めるとよくなるみたいです。使うと少し痛くなる。無理せず、といったところですが、少しでも負担を減らせればと食洗機を買う算段中!ピアノも時間は減らしていますが弾けています。

この母指CM関節症のことをアップした時、思いがけずたくさんの方々からメッセージをいただき驚いた次第です。経験された方々、常に体のメンテナンスについて考えていらっしゃる方々、同年代で加齢に反応してくださった方々、などからの様々なアドバイス、本当に感謝しています。ありがとうございます。ピアノ弾きが手を痛めることはまったくもって自慢できることではありません。これまで手を痛めたことは一度もなかったので無頓着だったともいえます。手も体もこれからは「加齢!」、もう少し日頃から体全体の調和を考えながら過ごしたいと思います。

そして、今日、「お茶の時間にバロック音楽」という昼間のコンサートを聴いてまいりました。リコーダー2本とチェンバロ。鶴見にあるサルビアホール(音楽ホール)にて。とても音響のよいホールでした。使ってみたいホール。

c0335777_20591942.jpg

リコーダーの軽やかで澄んだ音色。お二人の息の合ったアンサンブル。トラベルソとリコーダーという組み合せでも聞かせていただきましたが、こちらもトラベルソの暖かい響きがアンサンブルの立体感をアップさせ、心地よいものでした。生き生きとチャーミングな音楽。曲が終わると溢れてくる渡辺さんの笑顔が爽やかでかわいかったー。

そしてそして、チェンバロは私の師匠!素晴らしかった!コンティヌオでは音楽を引き締め、引っ張り、盛り上げ、和らげ、ベースラインがよく聞こえ、その上に優雅に乗っかる右手、切れ味の良いリズム。ソロも素晴らしかった。さすが。

月曜日の昼間、ものすごく贅沢なティータイム(お茶はないけど)でした。行ってよかった!

今年はピアノの比重を増やすこと、その他諸事情によりチェンバロはちょっとお休みしていますが、この師匠からは10年間のレッスンで本当にどれだけ多くのことを教えていただいたことか。師匠の方が2歳年下なのですが、年下とは思えぬ厳しさと、もちろん愛ある優しさを持って。子供時代、高校大学時代に身につけた基礎的なことはたくさんありますが、音楽の表現の基礎とも言える大切なことを大人になって多く学ばせていただいたと思っています。

得たものはチェンバロだけでなく、ピアノを弾く場合にも大きく影響を与えてくれています。と言っても、なかなか自分で満足できる演奏ができずにコントンとしている毎日。ころとんダルマくんにあやかって、トントン拍子に進みますように〜!!


[PR]
by fumifumifumin2 | 2015-10-05 20:43 | Comments(0)

加納文子ーピアノ、チェンバロ、日々のこと


by fumifumifumin2