♪ sotto voce ♪

sottovoce2.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

昨日10月29日、横浜市センター南にある音楽サロンAriaにおいて、Aria主催コンサート「連弾の愉しみ」を終えました。

c0335777_21282214.jpg

いつもお世話になっているAriaさんからコンサートのお誘いを受け、何をやっても結構です、ということ。歌?バイオリン?なども考えましたが、このサロンはやはりスタインウェイのピアノが主役なので、ピアノを生かせるコンサート、ということでソロもいいけど2本の手より4本!連弾を楽しんじゃおう、と決定。足りない2本の手はつくば在住の道子さんにお借りすることにしました!遠いところから体ごと何度も合わせに来てくださり、楽しい練習を経て楽しい本番を迎え、終えることができました。

c0335777_21345895.jpg

本番3日前から予定外の母の通院が毎日続き、当日も朝からリハーサル直前まで病院に。あまりに遅くなった時のために母の帰りを頼めるように次女も連れて。大きな病院での診察なのでだいぶ待たされましたが、なんとか予定より1時間遅れで会場入り。ドレスを掛けて、靴を履いてリハーサル、と思ったらなんと、左右ばらばらの靴を持ってきていて大焦り!譜めくりを頼んでいる長女に取りに帰ってもらおうか、でも譜めくりのリハもしておいて欲しいし〜、と一瞬悩みましたが、あとから次女が聞きにきてくれることを思い出し片方持ってきてもらうことに。娘が2人いてくれて良かった(^-^;

40席ほどのこじんまりしたサロンですが、お集まりいただいたみなさんにお楽しみいただけたようでホッとしています。Ariaさんには控え室の準備、リハーサル等々、細やかに行き届いたご配慮をしていただき、集中して本番を向かえることができました。

そして、演奏後は打上げ!!両親の夕食も次女に頼んで久しぶりに時間を忘れて目一杯楽しみました。はじめの2時間ほどは神戸からわざわざこのコンサートのためにと出てきてくださった女神様Sちゃんと、最近関東に居を構えられたK教授も参加してくださいました。そのほか同門ピアニストのCちゃん、譜めくりしてくれた長女、そして私たち2人。振り返ってみると4時から10時半?まで!よく飲みました。よく喋りました。いやホンマ。

共演してくださった榊原道子さん、このような機会をくださったAriaのオーナー細川さん、スタッフのみなさん、聞きにきてくださったみなさん、そして娘たちに支えられて終えられたことに感謝です。皆様ありがとうございました!



[PR]
by fumifumifumin2 | 2016-10-30 21:25 | コンサート | Comments(0)
本日、文京区合唱連盟第36回ジョイントコンサートにくりの実会のみなさんと出演。演奏曲は まど・みちお詩 横山潤子作曲「星の迷い子たち」より「にじ」「ラクダ」「ムカシヨモギのロゼット」「きこえてくる」。詩も音楽もとても洒落て素敵です。

演奏は…思わぬアクシデントはなぜに起こったか?それを考えてまた次回に繋げてまいりましょう。直前練習、前日の練習の最後1じかん、先週の練習、は私が担当したので責任も感じてしまいますが。でもよくなったところもたくさんあったから、ね。

コンサートのあとには、学芸大学まで初譜めくりをしてくれた次女とともに長男の初個展(写真←趣味)へ。モノクロフィルム写真。

c0335777_22571363.jpg

長男夫婦と次女。身長差をわからなくする写り方、だそう。お友達もたくさん来てくださっていて、写真もなかなかいい感じ。夫婦仲良くてよかったよかった。お嫁さんに感謝。

c0335777_23075605.jpg

写真を見た後はアトリエのお向かいにあったカフェで次女とプチ慰労会?ここのチーズケーキ美味しい!また行って全種類食べてみたい。10種類くらいのチーズケーキがありました。

c0335777_23052786.jpg



[PR]
by fumifumifumin2 | 2016-10-15 22:49 | 合唱団 | Comments(0)

ジャパン・オルフェオ

去る10月13日、東京芸術劇場にて日伊国交150周年記念「オペラ×能×日本舞踊×雅楽 ジャパン・オルフェオ」公演(世界初演)を観て聴いてまいりました。

c0335777_22352289.jpg

日本とイタリアの芸術が合体!とにかく心から楽しませていただきました!

広いコンサートホールで古楽のオーケストラの音がどれだけ響くのか、と思っていましたが、そんな心配はまったく必要なく、2階席まで一つ一つの楽器の音がクリアに届き、すばらしいアンサンブルを聴かせてくださいました。歌も楽器も、書かれた即興、書かれていない即興もそれぞれ小気味よく心地よく。レーザーハープ(スターウォーズのライトセイバー?みたいに光る!)なんていう楽器も登場してビックリでしたが。

そしてモンテヴェルディのオペラの合間に加わってくる和の分野。静の美、張り詰めた緊張感、気品のある優雅さと華やかさ。あらためて日本の伝統音楽、伝統芸能の素晴らしさに触れ感動。

先週末の鶴岡八幡宮での公演ではもっと幽玄な世界がひろがったことでしょう。(お天気の影響で楽器は散々な目に遭ったようですが)

誰がはじめにこの企画を思いついたのでしょう?奏者、演者ともにみなさん一流の方々ばかりで、充実した気分で会場をあとにいたしました。大満足!ありがとうございました。




[PR]
by fumifumifumin2 | 2016-10-15 22:03 | コンサート | Comments(0)
10月にしては30度という高い気温でしたが、青空で爽やかな風の吹く一日でした。そして湿度は一気に下降!

そんな今日(もう昨日、ですが)ン〜回目のお誕生日を迎えました。たくさんの方々からメッセージ等いただき感謝しております。

ン〜歳初日はいつものように両親との日常にはじまり、昼前からは今月末にある連弾コンサートの合わせ。つくばからはるばる相棒の道子さんが来てくださいました。笑いの絶えない?練習が続いております。


さて、夜には娘たちが作ってくれたバースデーケーキでお祝い♡

c0335777_01053119.jpg

かわいいブタさんケーキ。目や鼻はソーセージみたいに見えますがケーキです!見た目可愛いだけでなく美味しかった。ありがとう〜!


そして、昨日のこと。この爽やかな時期、毎年私のお誕生日週間に銀座王子ホールではハープの師、西山まりえさんによる「歴女楽コンサート」が開かれます。今年で4回目。と言っても、私が知ったのは昨年から。昨年ものすごく楽しませていただいたので今年も行ってまいりました。ガンバのあゆみちゃんとともに。チケット販売開始日にすべて売り切れたという人気コンサート。

c0335777_01084093.jpg

今回のテーマは細川ガラシャ。歴史小説読んだだけでもドキドキするようなテーマですが、まりえさんのナレーションと音楽(今回はイタリアンチェンバロとトリプルハープ)でガラシャの一生が淡々と、しかしドラマティックに進んでいきます。ゲストは尺八の藤原道山さん。美しい音色で、和楽器にもかかわらず、西洋のオルティスやカステロの作品を柔軟に生き生きと演奏され引き込まれました。もちろん和楽器独特の奏法や表現の仕方があるのでしょうが、その音楽をどのように表現するかということについて、和楽器も洋楽器も関係ない、という感じ。

最後に演奏されたモンテヴェルディのハープソロは無念の死を遂げたガラシャの心を語るように。アンコールで尺八とハープで奏されたカッチーニのアヴェマリアは天国のガラシャにきっと届いていると確信したものでした。

来年も10月4日、私のお誕生日週間に歴女シリーズあります。今から楽しみです!(あ、もちろん私のお誕生日週間だからこのコンサートがあるというわけではなく、たまたまです…あたりまえ〜)


さぁこの一年、体調管理をしっかりしながら、やるべきこと、やりたいこと、上手に時間を使って楽しく過ごしていけたらと思います。ピアノ弾く、チェンバロも弾く、ハープ弾けるようになる、ビーズアリワークも細々とでも続ける、両親に気持ちよく過ごしてもらう、等々。今後ともどうぞよろしくお付き合いお願いいたします。

☆しつこいですがまだ若干の残席あるそうです。よろしければお出かけくださいませ。

c0335777_01422141.jpg



[PR]
by fumifumifumin2 | 2016-10-07 00:34 | ひとりごと | Comments(0)

加納文子ーピアノ、チェンバロ、日々のこと


by fumifumifumin2