♪ sotto voce ♪

sottovoce2.exblog.jp
ブログトップ

卆寿とiPhone

寒い雨です。昨日は父のお誕生日でした。満90歳!

昨日はゆっくりする時間がなかったので、今日子供騙しのケーキを作って母と三人で気持ちばかりのお祝い。

c0335777_16543765.jpg

お誕生日を前にしたつい数日前、父はガラ携とアンドロイドタブレットからiPhone7plusとiPad proに乗り換えてきました!これまで使っていたタブレットと様子が違うらしく、まだ探り探りのようですが、すでに私が知らないことも知っていたり、と開拓中です。

それぞれのケースのみが私からのプレゼント(^-^;

c0335777_17033653.jpg



[PR]
# by fumifumifumin2 | 2017-03-26 16:47 | ひとりごと | Comments(0)
今日は本駒込でのくりの実会の練習のあと、ふと思いついて上野に出向きました。都美術館でやっているティツィアーノとヴェネツィア派展。

c0335777_15175143.jpg

海上交易の盛んだった水の都ヴェネツィアらしい明るく柔らかい色彩とのびのびしたタッチ。ヴェネツィアルネサンスの生き生きした空気を感じることができました。行ってよかった。すがすがしい気分。ヴェネツィアにも行きたくなりました。

上野公園は風が冷たく、お花見はまだ。一本だけ咲いている木の周りに観光客の人たちがたくさんカメラを向けていました。来週末あたりは見頃になるのでしょうか。

c0335777_15262829.jpg

パンダのポスト。

c0335777_15264843.jpg

さて、くりの実会のみなさんは明日からは沖縄入りされます。今朝はその前の最後の練習でした。東京の皆さんが沖縄に沖縄の歌を抱えて参上!衣装合わせにも熱が入ります。

c0335777_15281052.jpg

今回はアカペラということもあり私はお留守番。本番を聞き届けられなくてちょっと残念ではありますが、音取り+αは一緒に行かれる玉川グリーンハーモニーのピアニストK本さんにお願いすることになっています。K本さん、よろしくお願いします!

くりの実会のみなさんもどうぞこれまでの練習の成果を発揮して、のびのびと高く広い空に向けて美しいハーモニーを響かせて来てくださいね〜(^-^)/ 応援しています!


[PR]
# by fumifumifumin2 | 2017-03-24 15:16 | ひとりごと | Comments(2)

演奏会のお知らせ

「音の小箱」シリーズ。2年半ぶりとなりましたが、14回目の今回はヴィオラ・ダ・ガンバのドイツ作品を中心にプログラムを組んでみました。トリオ、デュオ、それぞれのソロもあります。ガンバ2台とチェンバロの掛け算をお楽しみいただければと思います。どうぞお出かけくださいませ。

「音の小箱」vol.14 バロックへの誘いⅣ
〜Gamba × Gamba ×Cembalo〜

2017年4月23日(日) 14時開演(13時半開場)
古楽研究会 Space 1F

堀あゆみ(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
加納文子(チェンバロ)
ゲスト
山根健一(ヴィオラ・ダ・ガンバ)

プログラム
G.F.テレマン:二重奏 イ長調 忠実な音楽の師 より
J.S.バッハ:パルティータ ニ長調 より
A.キューネル:ヴィオラ・ダ・ガンバ ソナタ 第2番/第7番
J.シェンク:ヴィオラ・ダ・ガンバ ソナタ「ライン川のニンフ」第7番
ほか

全席自由 前売2,500円(当日3,000円)

お問合せ otonokobako@gmail.com

c0335777_23044546.jpg

c0335777_23052049.jpg
c0335777_23065240.jpg

[PR]
# by fumifumifumin2 | 2017-03-14 22:51 | おしらせ | Comments(0)

Spring Concert〜Japan×Vietnam

2017年3月5日 音楽サロンAriaにて。

c0335777_22334104.jpg

次女が昨年秋まで2年半ほどハノイに留学していた関係で、来日することになったベトナム国立交響楽団元首席オーボエ奏者のラムくんと一緒にコンサート。

前半はフルートとオーボエのために書かれた作品を中心に、後半は日本のうた、ベトナムのうた、を主題に。

このコンサートのために、ベトナムの作曲家ダン・ヒュウ・フック氏のベトナム民謡をテーマにした作品をフルート、オーボエとピアノのために作曲家ご自身に編曲していただくことができました。ベトナムの民謡、日本に近いようなちょっと違うような、でもとても耳に馴染んでつい口ずさんでしまうようなメロディです。今でも耳から離れません(笑)

おかげさまで満員御礼のお客様に楽しんでいただくことができたようでホッとしています。ありがとうございました。

今回、事務仕事や司会をしてくれた次女はアオザイ姿。

c0335777_09144781.jpg

この日は昨日の分も打上げ!
のどぐろ美味しかった〜。

c0335777_00042977.jpg


c0335777_00045863.jpg

白エビの上に金箔が!

c0335777_00074172.jpg


さて、次は4月のコンサートに向けてチェンバロに向かいます!


[PR]
# by fumifumifumin2 | 2017-03-06 23:58 | コンサート | Comments(0)

春のハープ祭り 2017

2017年3月4日近江楽堂にて。

終了後の全体写真です。みんなホッとして明るい笑顔。

c0335777_23025374.jpg

昨年、このハープ祭りでハープデビューさせていただきましたが、今年は先月ミラノより持ち帰ったアルパ・ドッピア・モンテヴェルディでルイス・デ・ミランのファンタシア10番を演奏いたしました。予想通りの緊張でやっぱり不発〜。でも、この楽器はとても良い響きを持った子なので、今後その良さを最大限に引き出せるような奏者になれたらいいなぁと思います。

c0335777_23122812.jpg

いろいろなハープの(ハープシコードも)、いろいろな国の、いろいろな時代の音楽を、みなさんの演奏で聞かせていただくことができるのもこのハープ祭りの楽しさです。また今年デビューされた方もいらっしゃいます。昨年聞かせていただいた皆さんも昨年よりも堂々とした演奏をされていてなんだか感動!

オーディションで選ばれたプチっとリサイタルでは若手りほさんがバッハプログラム。クロマティックファンタジー(特にフーガ)の緊張感の持続は圧巻でした。

講師演奏ではまりえ先生のバロックハープとソプラノ阿部早希子さん、さらにアントネッロの濱田芳通さんと石川かおりさんも途中からサプライズ参戦。美しく、また生き生きした音楽を堪能させていただきました。

全員演奏では中世のカノン「夏は来たりて」をみんなで楽しく演奏。

残念ながら帰宅後に翌日のコンサートのリハーサルをしなければならず、打上げには欠席〜。楽器を積み込んで車でオペラシティまで行く、というのもドキドキでしたがなんとかうまくいき、ちょっと慣れてきた感じ。

最後に、緊張の演奏姿をこっそりと。来年にはもう少し伸び伸びと弾けるようになっていたい。

c0335777_23354204.jpg


[PR]
# by fumifumifumin2 | 2017-03-06 22:32 | ハープ | Comments(0)

加納文子ーピアノ、チェンバロ、日々のこと


by fumifumifumin2